薄毛改善のための育毛剤の選び方

G6ncw薄毛や抜け毛を育毛剤で解決できればぜひとも利用したいという方が大勢おられると思います。

将来、薄毛にならないために今からケアしていきたいという方などは、食事やシャンプーなどに気を配りつつ育毛剤も併用すれば、完ぺきだと思います。

育毛剤といえば、店頭には主に男性用のものが多く、女性用というのは少なかったのですが、最近は女性専用の育毛剤がたくさん棚に並んでいます。また、テレビショッピングやネット通販などでも実にたくさんの種類の育毛剤が売られています。

抜け毛が急に増えたというような場合は、何らかの理由で男性ホルモンの分泌が過剰になっていることがあります。ホルモンバランスを整える作用がある成分を含んだ育毛剤を選ぶと効果的です。抗男性ホルモン作用をする成分は、チョウジ・オウゴンリキッドなど。女性ホルモン調整作用がある成分は、カンゾウエキス・ヨモギエキス・クララエキス・フラボステロン・オトギリソウエキスなどです。

頭皮が乾燥していてフケも出るというような方は、保湿効果のある成分が有効です。
トレハロース・ヒアルロン酸・ヘチマエキス・ベニバナエキスなど。

フケの形状が大きな塊である場合は、皮脂が多すぎる状態です。頭皮の脂分が過剰になると毛穴をふさぎ、栄養が髪に行き渡らず細くなってしまいます。なので、抗菌作用や抗酸化作用のあるものを選びましょう。

抗菌作用のある成分は、ペパーミント・チョウジ・ウイキョウなどがあります。

抗酸化作用のある成分は、ポタンピ・セージ・ボタイジュなどです。

頭皮の血行促進作用のある成分はどの育毛剤にも含まれていてほしいものです。シャクヤクエキス・トウガラシエキス・緑茶リキッド・紅茶リキッド・オタネンンジンエキスなどが配合されていることを確認しましょう。

育毛剤には「医薬部外品」と表示してあるものがありますが、これは医薬品ほど確実な治療効果はないが、効能を明記することを許可されているもののことです。
人体に対する害が少ない分、効果もゆるやかですから長期的に使用することがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です