薄毛を予防・改善する食品や生活習慣

c5t9j
女性の薄毛対策においては、食事を見直すことも大切なポイントになります。
好き嫌いが多い方やダイエットで食事制限をしている方などは、特に考慮したいですね。

栄養の偏りは体調に異変をきたすばかりではなく、髪や頭皮にも大きく影響します。
新陳代謝や血行不良などで、髪の生え変わりのリズムが狂ったり、毛が育ちきらずに抜けてしまったりします。

毛の先まで栄養が行き渡るよう、食事のとり方や食材選びをしましょう。

更年期になると女性ホルモンが減少し、髪も細く少なくなっていきます。食事には女性ホルモンの生成をサポートする食品を摂りましょう。大豆製品には女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが豊富です。

また、髪の毛はケラチンという硬いタンパク質でできています。このケラチンはアミノ酸です。良質なアミノ酸を積極的に摂る必要があります。アミノ酸をバランスよく含んでいる食品は、牛肉・豚肉・鶏肉・卵・牛乳・ウニ・スジコ・カニ・牡蠣・アワビ・大豆製品・じゃがいも・小麦・かぼちゃの種・黒ゴマ・卵黄など。

そして頭皮の血行をよくするために、ビタミンCを摂りましょう。ビタミンCは活性酸素を抑える抗酸化作用がありますから、アンチエイジングにもなります。ピーマンやパセリ・レモン・キウイなどを摂りましょう。その他、各種ビタミン類をまんべんなく摂ることで髪・頭皮が元気になります。緑黄色野菜を上手に取り入れてバランスのよい食事を摂りたいですね。

◎生活習慣を改めて薄毛を改善

男性の薄毛は遺伝的要素が大きく関わっているのに対し、女性の場合は食生活や女性ホルモンの影響を受けやすいといわれています。ですから女性の薄毛は男性とは異なった対策を立てる必要があります。

男性は男性ホルモンを多く持っているため、脱毛の遺伝子を持っていれば生活習慣に関わらずハゲやすくなります。一方女性は、過度なダイエットやストレス、間違ったヘアケアなどが原因となっていることが多いのです。

こういった原因は本人次第で改善できるため、生活習慣を見直して正しいヘアケアをするだけで、薄毛を改善できてしまうのです。若い女性で薄毛に悩む人は、不規則な生活や食事の偏り、ストレス過剰の生活をしていると考えられます。

さらに若い女性は髪の脱色や繰り返すカラーリング、パーマなど、髪や頭皮に強いストレスを与えていることが多く、それに対してのケアが充分ではないのです。
シャンプー剤なども適当に選んだりしていませんか?

最近髪の元気がなくなった、細くなったような気がする、ヘアスタイルが長持ちせずペッシャとなる、など心当たりがある方は、日常の過ごし方や食事の摂り方などを見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です