薄毛の原因(加齢現象・ホルモン・ストレス・髪型)

9WQVE
女性の薄毛には、男性と異なる女性特有の原因があります。正しい原因を知らず、夫が使っている育毛剤を使っても効果があるどころか悪影響となるかもしれません。
安易な自己判断をせず、専門家の判断をあおぎ適切な方法でケアすれば薄毛の改善ができます。それは、早ければ早いほど良い結果につながります。

女性に多い薄毛の原因の多くは、頭皮に問題があるとされています。例えばフケによる悪玉菌の繁殖やヘアケア商品による頭皮のトラブル、出産後や更年期障害などが原因のホルモンバランスの変化などが大きな原因とされます。

「加齢現象」
髪の密度は20歳がピーク。太さにおいては35歳ころがピークだといわれています。
その後は徐々に衰えてゆき、40歳くらいになると髪にうねりが出てきます。さらに白髪も表れ、髪にハリやコシがなくなっていって、痩せ髪、抜け毛というように髪の加齢現象が出てきます。

◎薄毛の原因(ホルモン・ストレス・髪型)

女性の薄毛は、女性ホルモンのバランスの崩れが大きく関係していると言われています。心身の変化に影響されやすいホルモンのバランスが崩れると体調だけでなく、髪にも影響を及ぼします。また、遺伝的要素も少なからず関係しています。タバコや睡眠不足、過激なダイエットもホルモンバランスを乱す要因になります。

そして男性にも女性にもあてはまる薄毛の原因として、現代病ともいえるストレスです。ストレスは身体の変調だけでなく、髪や頭皮にも悪影響を与えています。ストレスから自律神経に悪影響を及ぼし、細胞の新陳代謝が悪くなってヘアサイクルも狂ってしまうことがあります。

さらに悪いのは、薄毛を気に病むあまり外出できなくなったり、人と会うのを避けるようになるなどが増々悩みを大きくし、長引かせることになります。それが薄毛の進行をよりは止めてしまう悪循環に陥ってしまうのです。

また、髪の長い人に多い「牽引性脱毛症」といって、まとめ髪やポニーテールなど髪を強く引っ張るヘアスタイルを長年続けていると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。

薄毛に気づいたら、早めに対策をし、正しいケアを行うこと、そしてあまり気にせず過ごすことです。女性の薄毛は男性より改善しやすいのだそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です